出前ふるさと教育事前事業を開催しました


去る5月17日(金)、郷土(ふるさと)の誇り伝承委員会設営で駒ヶ根青年会議所会員向けの事業として、出前ふるさと教育事前事業を開催しました。

この事業は、6月27日(木)に宮田村立宮田中学校で開催予定の「出前ふるさと教育」に向けて、

人口減少が地域にもたらす影響をまず会員が知ったうえで自らができることを導きだし、

「出前ふるさと教育」で行う「子供たちに伝えたい地域資源のプレゼンテーション」の内容を考え発表しました。

 

人口減少を受け衰退へと向かう地域に何を想うのかグループ内での意見交換。

 

意見交換を受けて、一人ひとりが地域を守るため、地域を活性化させるため何ができるのか、何をしているのか、を「郷土(ふるさと)への想い記載シート」に書きました。

 

その後、事前に調べてきた伊南4市町村それぞれの地域資源のプレゼンテーション内容を模造紙に記載

 

そして、各市町村ごと発表しフィードバックを行いました。

今後はこのプレゼンテーション内容をブラッシュアップし、本番の事業に向けて作りこみを行っていきます。

 

今後も駒ヶ根青年会議所の活動にご期待ください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

  1. […] 宮田中学校の1年生へ、自身の15年後と人口減少が地域にもたらす影響、影響を受ける地域に何を思うかを考えていただき、そのような地域でも郷土(ふるさと)に貢献する人財が多く存在すると、活力ある地域に繋がることを伝えます。そして、5月17日に行いました「出前ふるさと教育事前事業」の内容をもとに、駒ヶ根青年会議所メンバーが中学生に伊南4市町村の地域資源をプレゼンテーションし、地域資源のどの部分に探求心を持ったかを中学生が発表します。 […]

トラックバック URL