5月例会を開催しました

 


5月7日(火)に総務広報委員会設営の5月例会「成長 ~理想の姿を持ち、機会を掴み取ろう!~」を開催しました。

司会は、副委員長の池上堅君が務めました。

理事長挨拶では、駒ヶ根青年会議所サブスローガンにもある「新たな時代」がスタートしたことに触れ、新たな時代をリードするのは若者の使命で、これから本格化する事業への期待をお話しいただきました。

5月例会では(公社)日本青年会議所 北陸信越地区 長野ブロック協議会 会長の野村和正君の公式訪問があり、

今年の長野ブロック協議会の柱、SDGsを長野県で一番推進していく団体にしていくこと、社会保障制度や多子社会の実現、会員拡大支援についてと、出向のメリットをお話しいただきました。

理事会委員会報告では坂本慶浩君カンデル ロクナトウ君の入会が承認されたことが報告され、昨月承認されていた唐澤国洋君カンデル ロクナトウ君に入会証が手渡されました。

3分間スピーチは総務広報委員会の大澤剛君、輝く人財拡大委員会の酒井由香君が行いました。


休憩をはさみ、日本JC公認プログラム「VMV」を実施しました。

(公社)相模原青年会議所を昨年ご卒業されてからもトレーナーとして精力的に活躍されている山本久美子トレーナーをお招きいたしました(写真は一部加工)。

青年会議所運動の目的と使命、価値観をわかりやすく伝えていただき、JCには様々な機会があり、その機会を掴むことによって成長できること、

自分のためには100%の力を使えないが、人のためには120%の力を使え、使っていくうちに120%が新たな100%となり、それを続けることで成長できることをわかりやすく伝えていただきました。

VMVでのワーク中。未来の伊南地域の理想を考え、発表し合っています。

 

その後、自身がありたい理想の姿と、そのために何が必要かを考え、委員会発表で様々なJCの機会を発表しました。

山本トレーナー、遠路はるばる駒ヶ根までお越しいただき、貴重なセミナーをご実施いただき感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

また、山本トレーナーと野村ブロック会長にはその後の懇親会までご参加いただきました。そちらでも貴重なお話をたくさんお聞きすることができました。重ねて御礼申し上げます。

これから駒ヶ根青年会議所では事業が本格的に始まってまいります。その一つ一つが自身の成長に繋がることを理解できた例会となりました。

引き続き駒ヶ根青年会議所の活動にご期待ください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL