(一社)磐田青年会議所 創立55周年記念式典に参加しました

2月9日(土)、姉妹青年会議所締結をしている一般社団法人磐田青年会議所が、今年創立55周年を迎え記念式典を開催されました。

記念式典に駒ヶ根青年会議所もご招待いただきましたので、新入会員を含むメンバー14名でお祝いに行ってまいりました。

式典前に佐々木理事長から磐田青年会議所澤元薫理事長へ、北川製菓さまで製造されているこまかっぱクッキーをお祝いとしてお渡しいたしました。

式典では澤元理事長の熱いスピーチを聞くことができました。

その後渡部磐田市長をはじめとする来賓挨拶、スポンサー青年会議所である(公社)浜松青年会議所への記念品贈呈の後、駒ヶ根青年会議所へも記念品の贈呈がございました。

佐々木理事長から、磐田青年会議所がこれまで磐田のまちのために行ってきた活動に敬意を表するとともに、磐田青年会議所の更なるご活躍をご祈念申し上げました。


その後行われた新春のつどいでは、来賓の方々との意見交換をさせていただくことができました。

 


式典、新春のつどい終了後には、磐田青年会議所合同懇親会をご設営いただき、先月の京都会議に続き友情をさらに深めることができました。

 

磐田青年会議所の皆さま、創立55周年おめでとうございます。

今後も早太郎(悉平太郎)で結ばれた友情をよろしくお願い致します。

そして磐田のまち、駒ヶ根のまちがより良くなるようお互いに頑張ってまいりましょう。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

  1. […] 理事長挨拶では、佐々木理事長から先月の例会以降の報告の中で、2月9日に行われた(一社)磐田青年会議所55周年記念式典の話に触れ、1995年に駒ヶ根でジュビロ磐田によるサッカー教室の開催にあたり磐田青年会議所と駒ヶ根青年会議所が合同で行った事業であったこと、教室に参加した理事長自身の心に今でも大きな印象が残っていることを挙げ、郷土(ふるさと)の誇り伝承委員会の活動が、参加する子供たちへ大きな印象を残すものであってほしいとお話しいただきました。 […]

トラックバック URL