2月例会を開催しました

2月7日(木)、2月例会「会員拡大実践への第一歩 ~拡大の素晴らしさを知ろう~」を、輝く人財拡大委員会設営のもと開催いたしました。

 

2月例会からは、3分間スピーチも「今の仕事を選んだ理由」をテーマに行われます。今回は輝く人財拡大委員会副委員長の三好学君森光星君がスピーチしました。

副委員長がスピーカーという事で、3分間スピーチの司会は刈間英文君。地域志向アントレプレナー育成委員会副委員長時以来、2年ぶりの3スピ司会です。

三好副委員長は、不動産業から現在の野村建設株式会社へ転職した理由と葛藤、最初のお客さまとの対応などをスピーチしました。

続いて森副委員長は、以前勤務していた足場屋へ就職するまでの経緯と理由を中心に、株式会社KOUSEIでの目標を含め語っていただきました。

 

3分間スピーチ後には臨時総会を開催、2018年度事業報告、決算・監査、2019年度補正収支予算を審議、各議案全会一致で承認いたしました。


休憩をはさみ、「会員拡大実践への第一歩 ~拡大の素晴らしさを知ろう~」のメインパートとして、

酒田青年会議所2014年度理事長であり、現在も日本青年会議所シニア・クラブ拡大支援委員会でご活躍されている櫛引柳一先輩、アシスタントの鶴見準様をお招きし、時にユーモアを交えながら、会員拡大の重要性についてお話しいただきました。

その中で、個人ですべきことは5つ、組織ですべきことは3つとして

個人ですべきことは

  1. 「JCを説明できるように」
  2. 「JCの良さを説明できるように」
  3. 「お金をどれくらい使うか説明できるように」
  4. 「時間をどれくらい使うか説明できるように」
  5. 「成果は何があるか説明できるように」

組織ですべきことは

  1. 拡大方程式の活用
  2. 10年後の目標人数の設定
  3. 年間スケジュールの作成

をあげていただき、ロールプレイングを通じて、実際に会うことの重要性を伝えていただきました。

その後、委員会発表で伊南地域の現状と駒ヶ根JCでの拡大基本暗記事項5大要素を発表、

グループワークを行い、年間で動くチームで別れ、チーム名、スローガン、そしてチーム戦略を発表しました。

参加したメンバーは、会員拡大の実践を決意した様子でした。

 

櫛引先輩、鶴見様、遠路ご足労賜り我々のためにご講演いただき、また懇親会までお付き合いいただきまして誠にありがとうございました。

年度末「拡大15名」の報告をさせていただくことが、最大の御礼と考えております。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL