(公社)日本青年会議所 北陸信越地区 長野ブロック協議会全体会議に参加しました

1月27日、今年度の長野ブロック協議会会長、野村和正君の地元長野市で、(公社)日本青年会議所 北陸信越地区 長野ブロック協議会全体会議が開催されました。

記念式典・災害協定調印式では、野村会長から昨年度の役員へ感謝状が授与され、駒ヶ根青年会議所では2018年度長野ブロック協議会会長を務めた細田隼平君

運営専務を務めた宇佐美誠君、

事務局長を務めた青木謙一君に授与いただきました。

その後、県内17青年会議所理事長が挨拶に立ち、駒ヶ根青年会議所からも佐々木理事長が挨拶をいたしました。

 

また、災害発生時に協力し合い情報共有、復旧作業、救援物資等の災害支援活動を行うことを目的とする「長野ブロック災害協定」を本年も締結し、

佐々木理事長が駒ヶ根青年会議所を代表し、署名、調印を行いました。

 

全体会議には県内から多くの青年会議所会員が集いました。

今年度、駒ヶ根青年会議所から長野ブロック協議会へ、直前会長として細田隼平君、信州を担う次世代リーダー育成委員会 委員長として新井亮太君

信州を担う次世代リーダー育成委員会 運営幹事としてとして宮脇達樹君、信州を担う次世代リーダー育成委員会 委員として刈間英文君松村泰志君

信州SDGs推進委員会 委員として古田千洋君、魅力あふれる信州発信委員会 委員として堀内学君、事務局次長として唐澤哲也君の8名が駒ヶ根青年会議所を代表して出向いたします。

式典の後には懇親会が行われ、県内から集った同志の友情を深め、各地青年会議所における活動の意見交換が活発におこなわれました。

駒ヶ根青年会議所の活動同様、長野ブロック協議会の活動にもご期待ください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL