【 2019年度 総務広報委員会スローガン 】

一心

~新たな仕組みと発信で、活動意欲に満ち溢れる組織へ~

【 基本方針 】

駒ヶ根青年会議所が明るい豊かな伊南地域を実現するためには、メンバー一人ひとりが目的を理解し、心を一つにしてまちづくり運動に取り組み、地域から信頼される組織であり続けることが不可欠です。

そのためには、メンバーが参加のために必要な情報と、企画段階で必要な情報がすぐ入手できることから組織の一体感を促進し、運動と想いを持ったメンバーの姿を組織内外に発信し、地域に影響を与える組織であることが必要です。

そこで当委員会では、例会と事業の情報、共通使用するデータを共有する仕組みを設け、全メンバーが込められた想いを理解し参加意識を高めると共に、企画の下支えとなります。またオウンドメディアを常に最新の状態に保ち、地域メディアを活用し導くことで、地域の期待を高め、活動意欲に満ち溢れる組織を築きます。

【 事業計画 】

(1)   財務全般に関する管理統括

(2)   事務局及び財産の管理

(3)   総会・理事会の運営及び事務的業務

(4)   定款・諸規定の改案・改修に関する事務手続き

(5)   会員手帳・名刺作成

(6)   各種対外事業の登録手続き

(7)   一般社団法人磐田青年会議所との関連事業

(8)   メーリングリストの管理

(9)   駒ヶ根青年会議所災害対策の更新

(10)   年誌の発行

(11)   クラウド、ウェブページを使用した対内向けデータ共有

(12)   ウェブページ、SNSによる情報発信、サマリー分析

(13)   FAX、ウェブページを使用したプレスリリース

(14)   地域メディアを使用した広報

(15)   JCルームの整理整頓、共有PCのデータ整理

(16)   その他、他の委員会に属さない一般業務

【 委員会メンバー 】

委員長 大口裕一

副委員長 西那隆志、池上堅

委員 長井敏宗、都竹周作、堀内学、竹上雅生、大澤剛、宮澤優希