変革への挑戦

~地域を想い、人をつなぎ、未来へつなぐ~

一般社団法人駒ヶ根青年会議所

第55代理事長 新井 亮太

新井亮太

【基本方針】

~はじめに~

伊南地域をより良くしたい、自らがより良くなりたい、この想いは創立以来54年間変わることなく駒ヶ根青年会議所の精神として根付いている。先人たちの足跡をたどるのも大事だが、今私たちは何のために駒ヶ根青年会議所に集っているのかを、改めて考えなければならない。「世のため人のためが自分のため」という未来への投資こそが、私たちが持つべき本質であり、最も大切にしなければならない心根である。ました。

 

時代は平成から令和へと変わり、新たな時代が訪れ、新たな時代を歩もうとしている。ここで考えてほしいのは、chanceとopportunityの違いである。どちらも「機会」であるが、前者は与えられた機会で後者は努力の結果によって得られた機会と定義される。青年会議所でいう「機会」は間違いなく後者であり、機会を提供することを使命としている。時代の変化を「機会」と捉え、古い習慣から脱却し、不要なことは思い切ってやめる決断をするべきではないだろうか。青年会議所はそういった変化にチャレンジできる土壌がある。青年である私たちが固定観念にとらわれず現代に求められている組織像を自らが描き、前を向き、率先して行動していこう。

 

青年会議所には素晴らしい出会いがあり、
出会いは人を動かし未来を変える力がある。

 

青年会議所に入会し、多くの出会いの中で自分自身の可能性が広がったことを確信している。この経験をより多くのメンバーに伝え、地域に提供していくことが、自分自身の未来を変えることにもつながると信じている。

 

2016年度、私たちは10年間の長期ビジョンとなる未来ビジョン2016『一人ひとりの「可能性」と地域への「想い」が満ち溢れる、輝くまち』を策定し、駒ヶ根青年会議所の新たな指標として位置付けた。そして新たな発想を持って、地域社会が抱える問題に対し、持続的な問題解決に向けた取り組みと常に自己研鑽に励み、私たちの故郷を少しでも良くしていきたいと願い運動を行ってきた。ビジョンを掲げて4年目になる本年、私たちがビジョンに向かって行動してきた成果が思い描いた方向に向かっているのか検証をする時期となった。私たちの運動が地域に対してどのような影響を与えているのか、メンバーがどのような成長を得られているのか、この先の変化を考えなければいけない。

【事業方針】

【組織変革から組織拡大へ】

全国的に会員減少が進んでいる昨今、このような動きは青年会議所に限らず様々な団体においても最重要課題となっている。これから先、地域に必要な団体であるのかを今私たち青年会議所は問われている。新たな仲間を迎え入れることは、地域に実体験を得た青年が増えていくことにつながるが、組織拡大をしていくうえで必要なことは、社会的ニーズがある団体であるのかを今一度考えることである。今求められている組織とは何か、いくら正論を振りかざしても、若い人びとが興味を抱くことは「おもしろい」という感性である。自身が成長することがイメージできる団体とはどのような団体なのか考え、変化を恐れず行動しよう。また、日本は男女格差の大きなジェンダー後進国でもある。私たち青年会議所も例外ではないが、だからこそ女性でも活躍できる組織のモデルケースとなり、自らが姿勢や運動をもって、社会的ニーズのある組織へと変革することができれば、更なる組織への信頼と会員の拡大につながると確信している。

 

 

【伊南地域の「価値」をデザインする】

2019年度、日本青年会議所はSDGsを日本で1番推進していく団体であるとSDGs宣言を行った。従来の経済成長からより良い社会を構築するという考え方から、より良い社会を構築することで経済を成長させるという発想の転換を行った。これからの地域社会をより良くしていくためには、多様な価値を認識し、「伊南地域の特徴」を活用しながら、地域社会自体をデザインしていくことが必要となる。私たちは多くの団体や地域住民と協働し実現していくことが求められ、団体や組織の枠にこだわらず、多くのステークホルダーと社会益を共有し、新たなアイディアを持った人びとが連携していくことが持続可能な地域開発につながっていくのではないだろうか。多様な価値観を認め合い、広い視野をもって、多くの人びととつながり、未来の地域へとつなげていこう。

 

 

【教育について考える機会を創出する】

「国家百年の計は教育にあり」といわれるように、教育は国家の最も重要な根幹であり、伊南地域においても例外ではない。グローバル化やAIが急速に進む中、自ら課題を見つけ、考え、協働して問題解決をしていく力が必要となっていく。文部科学省は2020年に学習指導要領の大幅な改変を発表している。私たちは地域の責任世代として、教育を学校だけに任せていていいのだろうか。私たち青年会議所会員を含む大人が、このことを理解しなければならない。私たちが受けてきた教育とは違うからといって、尖った才能や尖ったアイディアを排除するような地域であってはならない。地域を変えるのはよそ者、若者、ばか者と言われているが、そのような人材を地域が受け入れる土壌があるのか、私たちが尖った人材を素直に認める姿勢を持っているのか、地域の未来を担う芽を伸ばす地域とはどのような地域なのか私たちが先導していく必要がある。

 

【「今」の駒ヶ根青年会議所をブランディングする】

青年会議所は、明るい豊かな社会を築き上げようと行動指針を定め、地域開発とメンバー個々の成長に焦点をあて、運動を行ってきた。54年間この伊南地域でも多くの人材が青年会議所で活動し、日々自己研鑽を繰り返し、青年会議所を卒業した後にも、地域を先導するリーダーを輩出してきた。脈々と受け継がれたものがあるからこそ私たち現役のメンバーが活動しているのはもちろんではあるが、変化することを怠ってはいけない。会員一人ひとりを大切にし、個性を輝かせるためには組織自体の改革が必要だと考える。習慣として受け継がれたことが現在、メンバーにとって弊害になっていないか、やめるべきことは勇気を持ってやめ、メンバーが成長する環境を真剣に考え、組織自体を変革させよう。現状を把握し、社会から求められる組織へと自らがプロデュースし、ブランディングしていこう。

 

~おわりに~

昭和、平成から令和に時代が移り行く中、私たちを取り巻く環境は劇的に変化を続けている。なにが正解かわからないこの時代において、青年会議所は自ら正解を定義し、地域と人を想い、行動ができる唯一無二の団体である。ときには失敗し、虚無感にさいなまれることもあるかもしれない。しかし、世のため人のために「やる」か「やらない」という選択を迫られたときに「やる」と即座に答えられる人でありたい。そういった人材を青年会議所の活動を通して育成していきたい。今という一瞬は待ってはくれない。私たちがやらなければ誰がやるのか、誰かがやってくれるのをただ待っているだけなのか。自らが住み暮らす地域を、自分自身をより良くしたいのであれば今すぐ行動しよう。

 

固定観念を捨て、変化を恐れず、地域とともに歩み、自らを変革しよう。
己が見つけた持続可能な問題解決への道のりを信じ、最後までやり抜こう。
大きな夢を語り、実現するための多くの仲間を集め、未来を自らの手で切り拓こう。

 

Change Myself、まずは自分から。