生き抜く経営力開発委員会

2018年度理事長

下平泰司

委員長:古田千洋

委員会スローガン

着眼大局

~社会のニーズを捉え時代の適者となろう~

基本方針

 時代が日々変わりゆく中で、個々人が未来を見据えた道筋が揺るぎない状態であることは、自社を成長させるとともに、伊南地域の維持、発展を目指した貢献活動を展開し続けるためにも必要不可欠です。

 そのためには、一人ひとりが経営の切り口となる考えを持ち、人の欲求を捉え、環境の変化に対応可能な経営思考を確立させ、経営が盤石である状態を創り上げる必要があります。

 そこで当委員会では、自社の経営の見通しをもつことの重要性を学び、自社が何のために存在するのかを見出します。そして、顧客を観る力を携え、思考を創造的なものへと切り換えることで、自発的に世の中の需要を捉え、環境の変化に適合した社会活動ができる人財を育成します。

 

 

委員会事業計画

・経営学塾

・居酒屋の青春

・3分間スピーチ

委員会メンバー

委員長:古田 千洋

副委員長:都竹 周作、宮脇 達樹

委  員:伊藤 悦子、相馬 久仁寛、山岸 大輔、山田 靖、唐澤 哲也、佐々木 宗一、

     森 光星、呉本 圭樹

 

 

 

 

〒399-4115 長野県駒ヶ根市上穂栄町3-1 tel.0265-83-5475 fax.0265-83-5175

(c)  一般社団法人駒ヶ根青年会議所

委員会メンバー

委員長:古田 千洋

副委員長:都竹 周作、宮脇 達樹

委  員:伊藤 悦子、相馬 久仁寛、山岸 大輔、山田 靖、唐澤 哲也、佐々木 宗一、森 光星、呉本 圭樹