天皇陛下御即位 奉祝 駒ヶ根大会に参加しました

 

 

令和元年5月1日、新しい御代「令和」の訪れを祝う「天皇陛下御即位 奉祝駒ヶ根大会」が盛大に挙行されました。

駒ヶ根青年会議所も実行委員会として名を連ね、佐々木理事長をはじめ多くのメンバーで新たな御代をお祝いしました。

 

広小路商店会と銀座通りに多くの奉祝ののぼりがたてられ、祝賀ムード一色になりました。

今回の奉祝大会は、駒ヶ根青年会議所OBで大宮五十鈴神社・大御食神社の両神社の宮司であります白鳥俊明先輩が実行委員長となって行われました。

「令和が皆さまにとって素晴らしい時代になるようお祈りしたい」とご挨拶いただきました。

 

駒ヶ根青年会議所メンバーは来場者に国旗を配布しました。

心配された雨も小康状態でパレードを迎えることができ、消防団と駒ヶ根太鼓の音色の中、広小路から駒ヶ根市民活動支援センター ぱとな前までパレードを行いました。

佐々木理事長も隊列に参加いたしました。

 

パレードの後、ぱとなの交流スペースを利用して市場割大神楽保存会の獅子舞、上伊那地区の神職で構成される伊那雅楽会の「越天楽」演奏、

そして大宮五十鈴神社、大御食神社の例大祭で昨年年番であった中割区・南割区と上赤須区の舞姫による浦安の舞を披露し、最後に佐々木県議の万斉三唱で会は締めくくられました。

 

2019年度駒ヶ根青年会議所スローガンはイノベーションの創造 ~革新的な思考を持ち、新たな時代の先駆者となれ~です。

新たな時代を迎えた今、革新的な思考を持って駒ヶ根青年会議所は活動してまいります。今後の活動にぜひご期待ください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL